転職先が決まらない場合の対処法

職探しのQ&A

未分類

「離職率が高い」の基準は?業界別の人数データとブラックな職場の特徴

投稿日:

離職率 高い 基準

  • 離職率の高い会社はブラックの可能性大」というけど、離職率の平均ってどのぐらい?
  • 離職率が高くても、優良な企業があるってどういうこと?
  • 離職率に関する企業の内部情報はどうすれば応募前に知ることができる?

この記事では、離職率という言葉の意味について簡単にわかりやすく解説します。

離職率が高い」というと一般的には悪い企業(ブラックな企業)というイメージがありますが、必ずしもそうとは限らないケースもあることを知っておきましょう。

転職活動中で、企業が出している求人情報の見方がいまいちわからない…という方はぜひ参考にしてみてくださいね。

「離職率が高い」の基準とは?

「離職率が高い」とよく聞かれるかと思いますが、どのような計算から算出されており、どのような基準で言っているのでしょうか?

離職率とは、ある一定期間内で「退職した人数 ÷ 在籍している人数 × 100」で計算した数値のことを言います。

「離職率」の計算式


 

離職率=退職した人数 ÷ 在籍している人数 × 100

例えば、1年間のうち社員100人の企業で10人の社員が退職したとすると「10(人) ÷ 100(人)×100=10%」、つまり1年間の離職率は10%だと言えます。

離職率の平均はというと厚生労働省のデータによると一般社員(正社員)では6.6%、パートタイム社員で14.2%となっています。

つまり、一般的な企業の年間の離職率は6~7%程度でそれ以上の数値になると「離職率が高い」と言われる企業と考えられます。

離職率が高い業界・低い業界

離職率は業界によってとても差があります。

厚生労働省の統計データで業界別の平均的な離職率を知ることができます。

この統計によると、離職率の高い業界を新卒の入社後3年以内の離職率は以下のようになります。

離職率の高い傾向がある業界


  • 宿泊業・飲食サービス業(49.7%)
  • 教育・学習支援業(46.2%)
  • 生活関連サービス業・娯楽業(45%)

反対に、離職率が低い業界としては以下のようなところがあります。

離職率が低い傾向がある業界


  • ライフライン業(10.8%)
  • 鉱業・採石業(12.4%)

業界別に、離職率の差はおおよそ3倍から6倍となっています。

業界によって離職率には大きな差があることがご理解いただけるかと思います。

離職率が「高い」「低い」は実はあてにならない

離職率はブラック企業を見抜く上で重視される情報とされることが少なくありません。

会社の四季報などから「新卒の入社後3年以内の離職率」をみながら就職活動をしていたという人も少なくないでしょう。

しかし、離職率が低いからといって必ずしも良い企業とは限らないことに注意が必要です。

というのも、離職率が低い企業では「居心地がいい人たちが長年いすわっているだけ」という可能性があるからです。

ブラック企業を見抜くという観点からは、単純に「離職率だけをみて、低ければ良い企業、高ければ悪い企業」と判断するのではなく、複数の指標を組み合わせて判断基準とすることが重要と言えます。

具体的には、離職率と「平均勤続年数」を合わせてみるようにしてみてください。

以下、複数の統計指標を使い分けてブラック企業を見分ける方法についてくわしく解説します。

離職率が低い=「居心地がいい人たちが長年いすわっているだけ」の可能性も

離職率が低いということは「その企業に長年留まっている人が多い」ということを意味します。

一般的には長く働いている人が多いということは良いことですが、一方で、「ただ居心地のいい人たちが居座っているだけ」という可能性もあります。

例えば、一部のボス社員だけが長年勤務していて、新人を使いまわしているような環境であることも考えられます。

離職率が低い会社を見つけたら、ただちに「良い会社」と判断するのではなく、その会社の従業員の年齢構成を見ることが大切です(そのための指標として「平均勤続年数」を使います)

こうした企業では「新人層とベテラン層の年齢がかけ離れている」という特徴があります。

具体的にいうと、1つの企業で20代の社員グループと、40代後半以降の社員グループしかいない(30代〜40代の社員が少ない)という企業は要注意です。

こうしたデータは、以下のような「平均勤続年数」の情報によって知ることができます。

平均勤続年数とは

平均勤続年数とは、現在その会社の在籍している社員の勤続年数の平均のことです。

「平均勤続年数」とは?


 

現在その会社の在籍している社員の勤続年数の平均(すでに退職した人を除きます)

この指標には、「退職した人の勤続年数」は入っていないのがポイントです。

そのため、離職率と合わせて見ることでその企業の職場環境を具体的に知ることができるのです。

例えば、「100人の企業で15人の退職者が出たため、離職率は15%とやや高い数値。しかし、平均継続年数を見ると20年と長いため、長く勤める人にとっては良い環境かもしれないが、新入社員や勤続年数が短い人にとっては環境があまり良くないのでは」という仮説を立てることができるわけです。

このように、複数の情報リソースを元に仮説を立てると、その企業の雇用環境の実質により肉薄することができるようになります。

単純に離職率だけをみて「数値が高い・低い」だけで判断した場合と比べて、より実質的な見分け方となることがお分かりいただけるでしょう。

内部情報を知ることが大切

ただし、こうした「複数の統計情報の合わせ技」で企業情報を見たとしても、「企業の内部を実際に見ている人たち」と比べると情報判断の精度は劣ってしまうことは理解しておかなくてはなりません。

例えば、一般的に大手企業は中小企業と比べると離職率は低いですが、この情報だけを見て「やっぱり離職率が低い大手企業がいい」と判断するのは早計です。

というのも、大手企業ほど退職の強制は実質不可能な法律ルールになっているからです。

表面的な離職率は低かったとしても、その実質を見ると「都合の悪い社員は窓際族にして、自分から退職の意思を示すのを待つ」というカラクリになっていることも考えられます。

無料で使える転職サイトを活用しよう

それではどうしたらいいのか?ですが、解決策の一つとして「無料で使える転職サイトを情報収集に活用する」という方法があります。

転職サイトに登録すると、あなたの転職活動をサポートしてくれる転職エージェントから情報を得ることが可能となります。

(ネット経由で知ることができるので、必ずしも転職エージェントと顔を合わせる必要もありません)

転職エージェントは、採用活動を行なっている企業の人事担当者と話をしながら、どういう人材が欲しいのか?といったことを打ち合わせしています。

転職エージェントは、その企業の職場を実際に訪問して「どういう人たちが働いているのか」「職場の雰囲気はどうか?」「社訓や朝礼はどのように行なっているのか」ということについても情報収集しているのです。

あなたが転職サイトを利用すれば、こうした「内部情報」についても、求人応募前に知ることができるようになるわけです。

これによって、あなたが転職活動に失敗して、希望しない会社に入社してしまう可能性はぐっと低くなります。

さらに、転職サイトや転職エージェントにお金を払っているのは採用を行う企業側ですから、あなたは完全無料でこうした情報を得ることが可能なのです。

転職サイトを使って情報収集しよう

転職サイトにフリーメールアドレスなどを登録しておいて、希望の条件を入力しておけば、あなたの指定した条件にマッチした求人情報がどんどん届くようになりますから、アドレスの登録だけでも今すぐやっておくことをおすすめします。

求人情報は「ナマモノ」ですから、今日の時点で情報を知っていたら優良企業に応募することができたのに、明日になったらその求人にはもう応募できなくなっている…ということは普通に起こります。

まだ転職するかどうかは決めていないという方であっても、転職サイトを使うことができますから、今すぐ登録だけでもやっておきましょう(繰り返しになりますが、転職サイトは完全無料で使えます

キャリア構築を考える上で、もっとも重要なことは「常に選択肢を多く持っておくこと」です。

無料で使える転職サイトを活用するメリット


  • 「1つの会社で不採用になったとしても、他に魅力的な会社がたくさんある」という状況を作り出せる
  • 「今の職場をもし退職することになったとしても、もっと年収の高い仕事がたくさんある」ということに気づける

こういう前提で今の職場で仕事をしたり、転職活動を進められたりした方が精神的に落ち着いていられることは容易に予想できますよね。

(少なくとも、ハローワークだけを使って転職先を探している人たちと比べると、圧倒的な情報格差を付けられることは間違いありません)

転職サイトを使えばあなたのキャリア構築はより安全かつ合理的に進めることが可能となります。

無料で使える転職サイトとしては、以下のようなところがおすすめですので、ぜひ活用してみてください。

(2社〜3社にまとめて登録してみて、使いやすいと感じるところを集中的に使うのがおすすめです。何社使っても無料ですし)

-未分類

Copyright© 職探しのQ&A , 2019 All Rights Reserved.