転職先が決まらない場合の対処法

職探しのQ&A

未分類

【自分の市場価値を知る方法】適正年収が分かる!おすすめの転職サイトを紹介

投稿日:

自分の市場価値を知る

(転職市場における自分の「市場価値=適性年収」を知る方法は?この記事では、あなたの年収が決まる仕組みについて解説するとともに、客観的な統計データで市場価値を計測できる無料サービス3つを紹介します)

  • 自分の市場価値を高めるのが大事ってよく聞くけど、「市場価値」ってそもそも何?
  • 自分の市場価値高めるためにはどうすれば良い?
  • 客観的なデータをもとに自分の市場価値を知る方法はないの?(できれば無料で)

転職市場における市場価値とは、簡単にいえば「今の自分のスキルや人間性が企業からどれだけ欲しがられているか」ということです。

(※それを具体的な数字に置き換えたものが、年収というわけです)

以下では、無料でできる「自分の市場価値を知る方法」を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

自分の市場価値を知る方法【2019年版】

転職市場における市場価値は、主な以下のような要因によって決まります。

転職市場における市場価値を決める4つの要因


  • ①現在の年齢
  • ②経験してきた職種
  • ③経験してきた業界
  • ④保有している資格

それぞれの要因について順番に見ていきましょう。

要因①:現在の年齢

あなたの市場価値を決める1つ目の要因は、ずばり現在のあなたの年齢です。

ある転職サイトがまとめているデータによると、年代別、男女別の平均年収は以下のようになっています。

男女別の平均年収(2018年)


  • 男性20代:367万円
  • 男性30代:487万円
  • 男性40代:583万円
  • 女性20代:319万円
  • 女性30代:382万円
  • 女性40代:413万円

男女ともに、年齢を重ねるごとに年収は上がっていきます。

この平均年収と自分の年収を比べてみると、自分は平均より仕事ができるのかどうかという判断ができます。

仕事ができる=年収が高いと言えるため、平均よりも年収が高ければ同世代よりは市場価値が高い可能性があると言えるでしょう。

要因②:経験してきた職種

次に経験職種やキャリアといった要因から解説します。

この要因が非常に重要になっており、年齢と共に求められる経験やキャリアが変わるということは、求人を見ていても感じるのではないでしょうか。

例えば、30代を越えてくるとマネジメント経験があるかを重要視されるなど、求められることのレベルが上がってきます。

このような経験がなくとも、今注目されている成長分野やグローバル化で変化が起こっている分野に関する知識や実務経験があると「希少人材」と言われ重宝されます。

具体的には、AI関連の知識・実務経験などいわゆる最先端と言われる分野のことになり、ニーズの高い分野で特殊な経験を持つことを指します。

「希少人材」になるおすすめの方法

先ほどでてきたような知識、経験がある方は多くないと思います。

そのような方にオススメなのは「複数スキルの掛け合わせ」という方法になります。

例えば、知識はあるけど実務経験は少ない、ただ英語が話せるという方は、「AI知識×英語」という組み合わせが使えますし、「営業×プログラミング」という職種の組み合わせもいいと思います。

いずれにしても実務経験は大切になり、知識×知識では希少とは言えません。

実務経験を組み合わせるということを意識すると市場価値を上げられるので、試してみてください。

要因③:経験してきた業界

業種・業界を変える転職ができるのは基本的に20代まで(早めに行動しましょう)

未経験の状態で業種・業界を変えるのは、20代までだと思ってください。

というのも最近は、新卒採用も難しくなっているという理由から、若手層、特に20代を新卒の代わりに中途で採用するという企業も増えているからなんです。

つまり、20代での転職であれば、「若さ」が価値となり業種・業界を変えることは難しくなく転職できるでしょう。

しかし、30代以上になってくると実務経験を問われることが多くなることから、業種・業界を変える転職は難しくなる可能性が高まります。

「年収が高い仕事」とは?


  • 個人よりも企業を相手にする仕事:企業は当然ながら一般個人よりもたくさんのお金を持っていますから、扱う金額も大きく、成約した場合にあなたがあげる利益も非常に大きくなります。いわゆる法人営業という職種が該当します
  • 物販よりもサービスを扱う仕事:無形商材と呼ばれるものを扱う業界であり、サービスや情報、金融系商品や求人関係など形がないものを扱う業界です。コンサルティング業界などは典型的です
  • お金がない層ねらいよりも富裕層ねらい:一般個人を顧客とする場合でも主婦を相手にする仕事より、富裕層の資産家を相手にする仕事の方が付加価値が高くなります
  • 単発販売よりも継続販売:1度高い業績を出すのではなく、安定して継続的に業績を業績を出すことがあなたの市場価値を高めます。単発販売の営業職よりも、顧問契約をするようなコンサル業務などの方が評価が高くなります

上記の項目に多く当てはまる業界は、年収が高くなりやすい業界といえます。

要因④:保有している資格

世の中には様々な資格がありますが、年収に大きなインパクトを与えるような資格は実はそれほど多くありません。

大きなインパクトを与える資格としては、税理士や公認会計士、弁護士などの業務独占資格(ある仕事をするために必須の資格)などがあります。

これらは「この資格を持っている人がいないと、会社でその業務を請け負うことができない」という性質のものですから、非常に価値があるとされるのです(つまり資格保有者の年収は非常に高くなる)

これらは国家資格の中でも「最難関」とされる資格ばかりで、試験合格後にさらに実務経験がないと正式に認めてもらえません。

こうした資格を保有していれば非常に高いステータスを得ることができますが、5年~10年以上かけて試験合格を目指す必要があります。

業務独占資格があれば転職ではなく独立・開業の道も

税理士や公認会計士を始めとする業務独占資格は持っているだけで市場価値が高まることに加え、転職ではなく独立・開業という道も見えてきます。

資格を持っていないとできない仕事であるため、希少価値が高く独立・開業をしても重宝されるはずです。

しかし、知識だけではなく実務経験を積んだらという前提がありますし、資格取得には試験合格だけでなく実務経験も必要になる資格が多いため、始めるなら早く始めることをオススメします。

【無料】実際にあなたの市場価値を知り、適正年収を計算する方法

上のような要因をふまえて、実際にあなたの市場価値(本来稼げるはずの年収)を計算してみましょう。

具体的には、無料で使える年収診断サービスを活用するのがおすすめです。

これらは転職サイトを扱っている会社が、転職希望者の実際のデータをもとに作成しているツールですので、ある程度正確な数値を算出することができます。

①リクナビnextのグッドポイント診断

「グッドポイント診断」は、求人サイト「リクナビnext」に無料登録すると使えるサービスです(フリーメールアドレスでもOKです)

リクナビNEXT

選択式の質問を通じて、18種類の強みのうち5つを自身の強みとしてピックアップしてくれます。

診断結果の総数は8568通りもあるそうで、自分でも認識していた強みもあれば、言われてみればそうかもという意外な強みもあるかもしれません。

30分程度で自身の強みを明確化することができるため、自己PRなどにも使えるサービスです。

②パソナキャリアの年収診断・年収査定シミュレーション

パソナキャリアの年収診断・年収査定シミュレーションも、パソナキャリアに無料登録すると使えるようになるサービスです(無料)

キャリアアドバイザーの親身で丁寧なサポート【パソナキャリア】

パソナキャリアが転職エージェントサービスをもとに蓄積した25万人分のデータから自身の適正年収を算出してくれます。

診断方法はとても簡単で、5つの質問に答え、最後に最終学歴や生年月日などを入力するだけです。

診断にかかる時間は5分程度と短時間で診断できるにも関わらず、正確さには定評のあるサービスです。

③type転職力診断テスト

type転職力診断テストとは、転職サイト「type」が提供しているサービスです。

4択の質問と最終学歴や経験職種などを入れるだけで100点満点中何点ぐらいあるかを表示してくれるサービスです。

診断結果としては、転職力の総合点、予想年収、予想内定社数などもわかるため、転職がうまくいくかどうかという指標を数値で知れるサービスです。

また、転職力を6分野のレーダーチャート図としても表示してくれるため、転職をする上での自身の強み・弱みの把握も簡単にできます。

診断も10分程度になるため、ちょっとした時間で試せるサービスです。

まとめ

今回は、市場価値を知る方法について解説いたしました。

市場価値を知るためには、複数の要因から自分を分析し「自分のスキルや人間性は企業から必要とされているか」を把握する必要があります。

自己分析だけでは、難しい部分も多いと思いますので、本文で紹介した無料の診断サービスを使って、市場価値を客観的に分析してみてください。

市場価値を知ることで、転職成功の可能性や成功させるために磨くべきポイントもわかるので、しっかり分析することをオススメします。

-未分類

Copyright© 職探しのQ&A , 2019 All Rights Reserved.