未分類

社会不適合者はどうすればいい?仕事選びの方法を解説!【人付き合い苦手でOK】

※このページは 4 分で読めます。

社会不適合者 どうすればいい

(この記事では、職場の人間関係やコミュニケーションンが苦手で「自分は社会不適合者なのでは…」と感じてしまっている方向けに、人材市場における評価を高める具体的な方法を解説いたします)

  • 自分は職場で浮いている様に感じる。ひょっとして自分は社会不適合者なんだろうか…
  • 同僚・先輩とうまくコミュニケーションが取れない。こんなに気を使っているのに…。悪いのは本当に自分?
  • 職場には居づらいけど、他の会社に転職してもうまくやっていける自信がない。どうしたらいい?

職場の人間関係にお悩みの方、若い方には特に多いのではないでしょうか。

この記事では、自分は社会不適合者なのではないか?と感じてしまっている方(コミュニケーションがあまり得意ではない方)向けに、人財市場での自分の価値を高める方法について解説いたします。

結論から言うと、コミュニケーションが苦手な方、体育会系な職場ではうまくやれなかったという方でも、高年収を得て楽しく働ける環境に移ることは可能です。

そのための具体的な方法を解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

[ad#co-1]

社会不適合者はどうすればいい?適職を探す具体的な5つのステップ

あなたがもし、現在の職場で評価されていなかったとしても問題はありません。

人付き合い苦手・コミュニケーションが苦手でも、年収1000万円プレイヤーになっている人はたくさんいますし、プライベートを充実させながら楽しく働いている人はごまんといます。

重要なことは、しっかりと自分を知り、自分に合った仕事を見つけることです。

具体的には、以下の5つのステップに従ってあなたの転職先候補をしぼりこみましょう。

自分を「社会不適合者」と感じてしまっている人が適職を見つける5つのステップ


  • ①あなたが本当に「社会不適合者」に当てはまるのかを知る
  • ②統計的なデータからあなたの強みと弱みを知る
  • ③あなたが活躍しやすい職種を知る
  • ④あなたが「転職先に求める条件」を具体的に絞り込む
  • ⑤採用活動中の企業の情報を集める

以下ではそれぞれのステップについて、順番に解説いたします。

[ad#co-1]

①あなたが本当に「社会不適合者」に当てはまるのかを知る

辞書的な説明では、社会不適合者とは「社会(人・組織)から受け入れられない人」のことを指すとされています。

このような条件に該当する方には、具体的には以下の様な特徴があることが考えられます。

[ad#co-1]

人が信じられない・他人が嫌い

人を信じられない人は他人と積極的にかかわろうとせず、距離を縮めるのに時間がかかりがちです。

周りから見れば「浮いている人」と捉えられることが多いです。

極度の人見知りで会話ができない

人と話す時に言葉に詰まってしまう、うまく会話のキャッチボールができないのも社会不適合者に見られる特徴です。

他者との関係性がうまく築けず、孤立しがちになってしまいます。

[ad#co-1]

いわゆる「空気が読めない」人

人の気持ちや状況に応じた発言ができず、何故今ここでそんなことを、という発言をするのは社会不適合者の特徴の一つです。

人とは違う独特の感性を持っていると考えることの表れではありますが、人の気持ちや状況を考えない不用意な発言はコミュニティで敬遠される原因の一つになってしまいます。

自分ではなく、周りがおかしいと感じてしまう

社会不適合者は常に自分が正しいと強く信じているという特徴があります。

高い自尊心の裏返しでもあり、うまく作用すればリーダーシップを発揮することもあるのですが、やはり周囲の意見を受け入れない場合、組織の中では煙たがられる存在になってしまうこともあります。

[ad#co-1]

②統計的なデータからあなたの強みと弱みを知る

自分の強みと弱みを知ることは、適職を探すうえで非常に重要なことです。

自分の強み、弱みはわかっているつもりでも、客観視できていないことが多いのが現実です。

なぜかというと、無意識の内に自分の願望・希望が反映されてしまうことがあるからです。

そこで、適職を判断する際には統計的な手法を活用するようにしましょう。

統計的な手法からであれば自分を客観視することができ、潜在的な適職を知ることができます。

統計的手法には下記の様な無料サービスがありますので、ぜひ使ってみてください。

リクナビnextのグッドポイント診断

③あなたが活躍しやすい職種を知る

社会不適合者という自覚がある方が活躍できる職場とは、ずばり「コミュニケーションを軸とする業務ではなく、技術や知識が評価のポイントとなる職種」です。

以下で、具体的にはどの様な職種が該当するのか見ていきましょう。

[ad#co-1]

エンジニア

協調性や会話力より知識、技術が求められるエンジニア職ではコミュニケーションが苦手な方でも活躍できる可能性があります。

次のページへ >

-未分類

Copyright© 保育士の転職活動ナビ , 2020 All Rights Reserved.