未分類

年収200万円の社会保険料は?手取額の計算方法を解説!適正給与チェック

※このページは 3 分で読めます。

その方法で計算すると、所得税は年間約30,000円となります。

毎月のお給料からは概算額(だいたいの金額)が「源泉所得税」として天引きされますが、この金額は月収15万円(扶養親族なし)の人で2980円です。

税金②:住民税

住民税の税率は自治体によって微妙に変わりますが、標準モデルで計算してみると年間約60,000円となります。

住民税は「前の年の年収」から計算され、12等分して毎月納めます。

年収200万円の人の場合、毎月の住民税の金額は5000円程度となります。

給与明細では「住民税特別徴収額」という項目で表示されています。

[ad#co-1]

あなたの能力に見合ったお給料を受け取っていますか?

年収200万円の社会保険料や手取額をご紹介しましたが、想像以上に公的負担が多く、手取り額が少ないと感じられたはずです。

今は社会経験も浅いので仕方がないと割り切っていても、将来、必ず給料に不満が募り始め、転職を考えることになります。

次からは、年収200万円が決して高くないといえる理由をいくつかご紹介いたします。

これを見れば、転職を考えるのが将来ではなく、今であることがお分かりいただけるはずです。

[ad#co-1]

年齢性別ごとの平均年収のデータ

まず、下記の平均年収データからも年収200万円がいかに低いかが見えてきます。

年齢 男女合計の平均 男女別
22歳 277万円 (男290万円 女265万円)
23歳 292万円 (男306万円 女279万円)
24歳 320万円 (男335万円 女304万円)
25歳 344万円 (男360万円 女325万円)

転職サイトdoda 2017年9月~2018年8月の調査より

年収200万円ではほとんど貯金できない…が現実

年収200万円で社会保険料や税金を引かれて、さらにそこから光熱費・食費・生命保険料・家賃などを払うのであれば、将来に向けてなかなか貯金することもできません。

また、将来的にもこの低い給料ベースからの昇給となるので、よほど急激な賃金カーブを描かない限り、高い年収を望むこともできません。

「給与が低い」は退職理由の1位

「転職 理由 アンケート」というワードで検索すると、ほとんどの1位が「給与への不満」ということがお分かりいただけると思います。

転職サービスの「エンジャパン」が実施したアンケートによると、転職を経験した人の「退職理由」でランキングの1位は「給与が低い」です。

(8600名の人へのアンケートで、25歳以下の人で41%の人が「給与が低い」を転職理由に挙げています)

いくら仕事にやりがいを持っていたとしても、給料に不満を持つ人は転職を考えるのが自然の流れだといえます。

[ad#co-1]

「2人に1人」が転職する時代

また、2人に1人が転職している時代です。

また、こちらも転職サービスの「doda(ドゥーダ)」が実施したアンケートですが、全体の52.5%の人が「転職をしたことがある」と答えています。

(25歳~29歳の人だと35.3%、30歳~34歳になるとぐっと増えて59.9%の人が転職経験者となります)

もはや転職にネガティヴなイメージを持たれる時代ではありません。

[ad#co-1]

まとめ

結論として、やはり年収200万円はいくら社歴が浅いといっても低いといえます。

転職活動を考えるのであれば、将来、転職したいと思ったタイミングではなく、明らかに年収が低い環境で働いている今です。

もし、行動する気持ちになれていないのであれば、転職サイトを見て現実を知ることから始めてはいかがでしょうか。

[ad#co-shita]

-未分類

Copyright© 保育士の転職活動ナビ , 2020 All Rights Reserved.