転職先が決まらない場合の対処法

職探しのQ&A

未分類

年収200万円の社会保険料は?手取額の計算方法を解説!適正給与チェック

投稿日:

年収200万 社会保険料

(年収200万円だたとしたら社会保険料はいくらになる?この記事では、お給料の金額から社会保険料や税金を控除した「天引きの金額」の計算方法を具体例を用いて解説します)

  • 年収200万円だと社会保険料はいくら?手取にするとほとんどお金が残らないけど計算間違いじゃないの?
  • 別の会社で働いている同級生はもう年収400万円越えで奥さんと子供がいるやつもいるんだけど…。もしかしてこの年収は自分だけ?

今回は、年収200万円の場合の社会保険料の金額の求め方を解説します。

結論から言うと、年収200万円の人にとって、社会保険料の負担は「非常に思い」といえます(手取りが非常に少なくなる可能性大)

キャリアアップして手取り収入をあげていくためにはどうしたらいいのか?に関する具体的な方法についても解説していますから、現在の給料に不満を感じている人はぜひ参考にしてみてください。

年収200万円なら社会保険料はいくら?手取り額の計算方法

年収200万円の手取り額は、約160万円です(約40万円はお役所に持っていかれてしまいます)

月収約15万円だったとすると、月平均の手取り額としては13万5千円ほどになります。

年収200万円の人の社会保険料負担と手取り給与額


  • 社会保険料(年額):約40万円
  • 手取の金額(年額):約160万円
  • 手取の金額(月額):約13万5000円

年間で収入の5分の1もの金額が持っていかれることになりますから、社会保険料や税金の負担は本当に重いですよね(収入200万円×5分の1=40万円となります)

毎月のお給料から天引きされる項目はこの5つ

毎月のお給料から天引きされる項目というのは次の5つです(どの会社でも下記の5つは給料から引かれることになります)

毎月のお給料から天引きされる5つの項目


  • 社会保険料①:健康保険料
  • 社会保険料②:厚生年金保険料
  • 社会保険料③:雇用保険料
  • 税金①:所得税
  • 税金②:住民税

年収200万円の場合のシミュレーション例

以下では、次のようなケースを例に、それぞれの項目の計算方法を簡単に解説しますので、参考にしてみてください。

計算例の前提(シミュレーション)


  • 年収200万円(月収約15万円)
  • 20代前半男性
  • 正社員のサラリーマン
  • 独身で扶養親族なし
  • 前の年の年収も同額

社会保険料①:健康保険料

毎月の給料をベースに社会保険事務所で標準報酬月額が決定されます。

その標準報酬月額を保険料額表に当てはめると健康保険料額が確認できます。

ちなみに年収200万の月給を15万と仮定すると、月々の健康保険料は7642円となります。

社会保険料②:厚生年金保険料

厚生年金保険料は健康保険料と同じ形で計算します。

保険料額表に当てはめると、月々の厚生年金保険料は13725円となります。

社会保険料③:雇用保険料

額面給料の3/1000となりますので、年間約6,000円となります。

税金①:所得税

所得税は、年収200万円そのものにかかるのではなく、そこから必要経費や所得控除(基礎控除+社会保険料)を差し引いたものに対して課税されます。

その方法で計算すると、所得税は年間約30,000円となります。

毎月のお給料からは概算額(だいたいの金額)が「源泉所得税」として天引きされますが、この金額は月収15万円(扶養親族なし)の人で2980円です。

税金②:住民税

住民税の税率は自治体によって微妙に変わりますが、標準モデルで計算してみると年間約60,000円となります。

住民税は「前の年の年収」から計算され、12等分して毎月納めます。

年収200万円の人の場合、毎月の住民税の金額は5000円程度となります。

給与明細では「住民税特別徴収額」という項目で表示されています。

あなたの能力に見合ったお給料を受け取っていますか?

年収200万円の社会保険料や手取額をご紹介しましたが、想像以上に公的負担が多く、手取り額が少ないと感じられたはずです。

今は社会経験も浅いので仕方がないと割り切っていても、将来、必ず給料に不満が募り始め、転職を考えることになります。

次からは、年収200万円が決して高くないといえる理由をいくつかご紹介いたします。

これを見れば、転職を考えるのが将来ではなく、今であることがお分かりいただけるはずです。

年齢性別ごとの平均年収のデータ

まず、下記の平均年収データからも年収200万円がいかに低いかが見えてきます。

年齢 男女合計の平均 男女別
22歳 277万円 (男290万円 女265万円)
23歳 292万円 (男306万円 女279万円)
24歳 320万円 (男335万円 女304万円)
25歳 344万円 (男360万円 女325万円)

転職サイトdoda 2017年9月~2018年8月の調査より

年収200万円ではほとんど貯金できない…が現実

年収200万円で社会保険料や税金を引かれて、さらにそこから光熱費・食費・生命保険料・家賃などを払うのであれば、将来に向けてなかなか貯金することもできません。

また、将来的にもこの低い給料ベースからの昇給となるので、よほど急激な賃金カーブを描かない限り、高い年収を望むこともできません。

「給与が低い」は退職理由の1位

「転職 理由 アンケート」というワードで検索すると、ほとんどの1位が「給与への不満」ということがお分かりいただけると思います。

転職サービスの「エンジャパン」が実施したアンケートによると、転職を経験した人の「退職理由」でランキングの1位は「給与が低い」です。

(8600名の人へのアンケートで、25歳以下の人で41%の人が「給与が低い」を転職理由に挙げています)

いくら仕事にやりがいを持っていたとしても、給料に不満を持つ人は転職を考えるのが自然の流れだといえます。

「2人に1人」が転職する時代

また、2人に1人が転職している時代です。

また、こちらも転職サービスの「doda(ドゥーダ)」が実施したアンケートですが、全体の52.5%の人が「転職をしたことがある」と答えています。

(25歳~29歳の人だと35.3%、30歳~34歳になるとぐっと増えて59.9%の人が転職経験者となります)

もはや転職にネガティヴなイメージを持たれる時代ではありません。

まとめ

結論として、やはり年収200万円はいくら社歴が浅いといっても低いといえます。

転職活動を考えるのであれば、将来、転職したいと思ったタイミングではなく、明らかに年収が低い環境で働いている今です。

もし、行動する気持ちになれていないのであれば、転職サイトを見て現実を知ることから始めてはいかがでしょうか。

-未分類

Copyright© 職探しのQ&A , 2019 All Rights Reserved.