保育士の仕事の悩み

保育士が辛い・辞めたい理由は?円満退職と転職成功のポイント

※このページは 3 分で読めます。

経験のある職業で転職できるのは大切なことです。

この場合は「次はどこの保育園で働くか」の検討をしっかり行いましょう。

できれば、現在の仕事に在職中のうちに転職活動を始めるのが適切です(次の保育園から採用内定をもらってから今の保育園に退職を伝えましょう)

退職してから転職活動を始めると、どうしても採用がされにくくなってしまいますし、精神的にしんどい状態で転職活動をすることになります。

そうなると、本当は不満があるのに「もうここでいいか…」という妥協で転職先を決めることになってしまいがちです。

これではまた同じことの繰り返しになってしまいますよ。

>>登録無料でお祝い金ももらえる!保育士の転職

保育士そのものを辞めたい場合

一方で、「保育という仕事」そのものが苦痛で続けられない…と、実際に仕事をしてみて気づいたという人もいると思います。

その場合には、どのような仕事が自分に向いているのか?をもう一度じっくり検討してみると良いですね。

↓無料で受けられるWEB適職診断なども、自分の得意分野を知ることができておすすめですよ。

親密性・現実思考・感受性など、仕事をしていく上でのあなたの「強み」を、

18種類の中から5つ教えてくれます。

保育士をやめた後にどういう仕事を選ぶべきか?を考える人にとても役立ちますので、使ってみてください(無料です)

転職先に「なぜ前の職場を辞めたのですか?」と聞かれたときの対策はできてますか?

「なぜ前の職場を辞めたのか?」という退職理由については、次の職場の面接で必ず聞かれます。

「同僚と上手くいかなかった」という理由の場合、「嫌なことがあればすぐに退職してしまうのか」と思われても仕方ありません。

保育方針の違いを理由にするならば、リサーチも必要です。

転職前にしっかり対策しておくことをオススメします。

転職先に実績としてアピールできる経験はある?

1日も早く退職したい!

そう思う人も、少し立ち止まって考えてみてください。

転職先への自己アピールとなる材料はそろっていますか?

「年長の担任を任されました」と言いながら年度途中で退職してしまえば、説得力に欠けてしまいます。

全く他の職業への転職の場合は資格取得等のアピールできる準備が必要です。

退職を伝える前に次の転職先から内定をもらうのがベスト

転職が思い通りにいくとは限りません。

1度退職してしまえば、次が決まるまでブランクが生じます。

経歴にも、収入にも不安が残ってしまいます。

転職活動は働きながら行うことがベストと言えます。

円満退職できるタイミングと伝え方を知っておく

辛いことが多く、ずっと我慢してきた職場でも、退職は円満に行いたいですよね。

保育士が周囲に迷惑をかけずに退職する時期は年度末です。

代わりの求人募集を出すのが年明けとなる保育園が多数です。

年末年始には伝えておきたいですね。

退職理由が保育園の悪口にならないように配慮も必要です。

-保育士の仕事の悩み

Copyright© 保育士の転職活動ナビ , 2020 All Rights Reserved.