保育士の仕事の悩み

保育士の忙しい時期(繁忙期)はいつ?保育園の年間スケジュール

※このページは 3 分で読めます。

保育士 忙しい時期

(保育士の忙しい時期はいつ?保育園の年間スケジュールを説明します)

保育士の仕事は、

「4月から新しい年度が始まり、3月でひとくぎり。そしてすぐまた次の年度…」

という感じで毎年進んでいきます。

ただし、実際に働く保育園で行われる行事や、

担任しているクラスによって、保育士の忙しい時期はかなり違うことがあります。

例えば、乳児の担任が大変なのは春です。

幼児の担任の場合は秋が忙しい時期ですね。

保育士の忙しい時期はいつ?年間スケジュールを紹介

「保育士はいつも子どもと遊んでいて楽しそう…」

外部の人からはこんなふうに言われることも多いですが、

実際は、日々の設定保育・行事の準備・書類作成…とバタバタと追われています。

毎月のお誕生日会や七夕、秋祭り、クリスマス会、節分、桃の節句など行事は様々です。

保育士はとにかく「毎日何かの準備をしている」という感じで仕事をしていますね。

しかし、どんなに忙しく大変な思いをしても、1年間の子ども達の成長を目にすれば、それまでの日々も愛くるしく感じます。

保育園で働く保育士の年間スケジュールは以下のようになっていることが多いです。

4月~6月

4月〜6月には入学式や参観日が行われます。

特に忙しいのは乳児クラス…。

保護者と離れて過ごす不安から、ほとんどの子どもが泣いて登園します。

1日中泣き通す子ども、頑なに食事も水分も摂ろうとしない子ども…。

両手に抱っこの保育士の腕はパンパンです…!

なにより辛いのは5月の連休明けです。

せっかく慣れてきた保育園も連休で振り出しに戻ってしまい、夏まで落ち着きません。

7月~9月

この時期には、夏祭りやお泊り保育が開催されます。

比較的子ども達は落ち着いてきます。

プールや夏の遊びを準備していきます。

10月~12月

運動会や製作展等の大型行事があります。

ここでは幼児クラスの担任が奮闘します。

特に年長クラスは求められるレベルも上がり、指導が大変です。

次々押し寄せる行事の責任感に押しつぶされそうになります。

1月~3月

生活発表会や卒園式、新年度の準備を行います。

大きな行事を済ませると、年長クラスは小学校に向けての準備。

他のクラスも、進級に向けて最後の仕上げです。

この時期には4月からの担任発表が行われますが、保育園は3月最後の日まで開園しています。

なので、保育をしながら、新しいクラスの準備も進めていく必要があります。

保育士の年間スケジュールに関するよくある質問

以下では、保育園で働く保育士の業務の年間スケジュールに関する「よくある質問」に回答していきます。

すべての保育園で同じというわけではもちろんありませんが、参考にしてみてください。

卒園式と入園式どちらが大変?

圧倒的に入園式が大変と言えます。

個々の特性を把握しきれていない中での入園式です。

保護者がいても、慣れない場所での不安であちこちで大泣き。

座っていられない子も多く、バタバタします。

卒園式は、年長クラスの集大成…!

責任感は感じますが、基本は見守る姿勢です。

小さかった頃を思い出しながら送り出し…達成感があり、とても嬉しい行事です。

保育士が1年で1番忙しい時期は?

乳児と幼児では異なると、例を挙げましたが全体的に考えるとやはり春でしょうか。

次のページへ >

-保育士の仕事の悩み

Copyright© 保育士の転職活動ナビ , 2020 All Rights Reserved.