未分類

一生食える仕事に必要な資格やスキルは?未経験スタート可の職業一覧

※このページは 5 分で読めます。

一生食える仕事

  • 今の職場にずっといていいのか不安…。10年・20年後にも安定的に食っていける仕事って?
  • 一生食える仕事の特徴は?身につけておくべきスキルや資格はある?
  • 未経験者でもスタートできる職種で、一生食えるスキルが身につく仕事とは?

この記事では、あなたがキャリアを構築していく上で知っておくべき「一生食える仕事やスキル」について具体的に解説いたします。

転職活動を繰り返しているのに「食えない人」と、一つの業界でずっと働いているのに高年収になっている人は、何が違うのか?

転職活動中の方や、今の職場に居続けることに不安を感じている方は、ぜひ参考にしてみてください。

[ad#co-1]

「一生食える仕事」を選ぶための2つの戦略

「一生食える仕事」に選ぶためには、まずは次の「2つの戦略」を押さえてください。

一生食える仕事に就く2つの戦略


  • 戦略①:参入障壁が高い職種を選ぶ
  • 戦略②:一生食えるスキルが身につく職種を選ぶ

①は、簡単に言えば難しい国家資格がないと働くことができない仕事につくことです。

圧倒的に取得が難しい資格というのは非常に高い参入障壁を作ることにつながります。

例えば、弁護士や税理士といった仕事はだれでも目指すことはできますが、合格できるのはごく一部の人だけです。

必然的に合格者と不合格者の間には圧倒的に高い参入障壁があり、資格保有者の年収は非常に高くなる傾向があります。

勉強が得意、何年もかけて資格の勉強をすることもいとわない、と思える方は①の戦略が適しているでしょう。

[ad#co-1]

勉強が苦手な人はどうしたら良いか?

一方で、②は(言い方は悪いですが)勉強が苦手な人向けの戦略です。

すでに社会人になって長い期間が経っているという方や、学校卒業後も勉強するなんて馬鹿馬鹿しい…と感じる方は、こちらを選びましょう。

具体的には、「企業の売り上げに直結するスキル」を身につけられる仕事を選ぶのがポイントになります(この場合の具体的な職種などに関しては後で説明します)

1つの仕事を長期間続けていれば、その仕事をしていく上で必要なスキルはいやでも身につきます。

しかし、1つの仕事では優秀な人であっても、別の仕事ではまったく歯が立たない…ということは考えられます。

こうした状態にならないよう、最初から戦略的に「長期間・広範囲にわたって通用するスキルが身につく仕事を意識的に選ぶ」というのが②の戦略ということになりますね。

以下、それぞれの戦略の具体的な内容について、順番に見ていきましょう。

[ad#co-1]

【戦略①】勉強が苦にならない人向け「一生食える資格」をとる

「一生食える仕事」の代表的な仕事としてまず、業務独占的な資格が必要な仕事が挙げられます。

例えば弁護士や公認会計士、税理士などがそれに当たりますが、かなり資格取得の難易度がかなり高く、相当の時間と労力、金銭を必要とされます。

大学受験で言えば、今から東大京大をゼロから目指すくらいに難しいので、それなりの覚悟が必要となります。

また、名称独占のみの資格は業務独占的な資格に比べると取得の難易度は下がりますが、ポータブルスキルとの合わせ技が必要になります。

ポータブルスキルというのは、会社が変わっても通用する職業能力のことですね。

例えば中小企業診断士やFP1級などは実務経験が伴わなければ、評価に繋がりませんし、一生食える資格でもありません。

上記の資格は基本的にサラリーマンのスキルアップのための資格ですので、中途半端な資格を取ることもあまりオススメできません。

戦略1を選ぶなら、圧倒的な参入障壁が期待できる弁護士・公認会計士・税理士などの資格を狙うのがおすすめです。

これらは資格スクールに数年間通えば合格することは現実的に可能です。

(弁護士や税理士は大学院に通うことで試験免除を受けるという選択肢もあります)

[ad#co-1]

【戦略②】勉強が苦手な人向け:「一生食えるスキル」を身に着けられる仕事を選ぶ

勉強が苦手な人は、「一生食えるスキル」を身につけることが、一生食える仕事を選ぶ上で最短のルートです。

「一生食えるスキル」とはごく簡単にいえば「企業の売り上げに貢献できるスキル」をいいます。

典型的には営業スキルが該当しますが、売り上げに貢献するのは営業マンだけではありません(もちろん、営業スキルが高いことは非常に高い能力となりますが)

どのような企業であっても、売り上げをあげるためには「マーケティング(集客)」と「セールス(販売)」の2つが重要です。

セールスはわかりやすいと思いますが、マーケティングについてはよくわからないという方が多いでしょう。

マーケティングとは端的に言えば「集客(その商品を魅力的と感じる人を集めること)」をいいますが、重要なことは単純にたくさんの人と知り合うのではなく、「見込み客(その商品を買う気持ちがある人)」を集めることです。

見込み客を集めるためには、その人たちがどういう悩みを持っていて、どういう解決方法を求めているのか?について深く知る必要があります。

WEBマーケティング会社やアフィリエイター(こちらは一部の人だけですが)と言われる人たちが爆発的に収入を得られているのは、この「見込み客の集客」に成功しているからなのです。

このように、「売上を上げるスキル」に特化している人は、どこの会社でも雇ってもらえますし、独立しても一人でやっていけます。

[ad#co-1]

「一生食える」業界を選ぶために重要なこと

ここまでは「職種」を選ぶ上で重要なポイントについて解説してきました。

(職種というのは、簡単に言えば営業とか経理とか、務める会社によらず「どういう種類の仕事をしているのか」のことです)

職種の選び方についておおまかに理解したら、今度は「業界」についても考えてみましょう。

業界とは、例えば鉄鋼業界とか、化粧品業界といった「あなたが所属する会社が何を売っている会社なのか」のことですね。

業界を考える上では、次のようなポイントを押さえてください。

次のページへ >

-未分類

Copyright© 保育士の転職活動ナビ , 2020 All Rights Reserved.