転職先が決まらない場合の対処法

職探しのQ&A

未分類

一生食える仕事に必要な資格やスキルは?未経験スタート可の職業一覧

投稿日:

一生食える仕事

  • 今の職場にずっといていいのか不安…。10年・20年後にも安定的に食っていける仕事って?
  • 一生食える仕事の特徴は?身につけておくべきスキルや資格はある?
  • 未経験者でもスタートできる職種で、一生食えるスキルが身につく仕事とは?

この記事では、あなたがキャリアを構築していく上で知っておくべき「一生食える仕事やスキル」について具体的に解説いたします。

転職活動を繰り返しているのに「食えない人」と、一つの業界でずっと働いているのに高年収になっている人は、何が違うのか?

転職活動中の方や、今の職場に居続けることに不安を感じている方は、ぜひ参考にしてみてください。

「一生食える仕事」を選ぶための2つの戦略

「一生食える仕事」に選ぶためには、まずは次の「2つの戦略」を押さえてください。

一生食える仕事に就く2つの戦略


  • 戦略①:参入障壁が高い職種を選ぶ
  • 戦略②:一生食えるスキルが身につく職種を選ぶ

①は、簡単に言えば難しい国家資格がないと働くことができない仕事につくことです。

圧倒的に取得が難しい資格というのは非常に高い参入障壁を作ることにつながります。

例えば、弁護士や税理士といった仕事はだれでも目指すことはできますが、合格できるのはごく一部の人だけです。

必然的に合格者と不合格者の間には圧倒的に高い参入障壁があり、資格保有者の年収は非常に高くなる傾向があります。

勉強が得意、何年もかけて資格の勉強をすることもいとわない、と思える方は①の戦略が適しているでしょう。

勉強が苦手な人はどうしたら良いか?

一方で、②は(言い方は悪いですが)勉強が苦手な人向けの戦略です。

すでに社会人になって長い期間が経っているという方や、学校卒業後も勉強するなんて馬鹿馬鹿しい…と感じる方は、こちらを選びましょう。

具体的には、「企業の売り上げに直結するスキル」を身につけられる仕事を選ぶのがポイントになります(この場合の具体的な職種などに関しては後で説明します)

1つの仕事を長期間続けていれば、その仕事をしていく上で必要なスキルはいやでも身につきます。

しかし、1つの仕事では優秀な人であっても、別の仕事ではまったく歯が立たない…ということは考えられます。

こうした状態にならないよう、最初から戦略的に「長期間・広範囲にわたって通用するスキルが身につく仕事を意識的に選ぶ」というのが②の戦略ということになりますね。

以下、それぞれの戦略の具体的な内容について、順番に見ていきましょう。

【戦略①】勉強が苦にならない人向け「一生食える資格」をとる

「一生食える仕事」の代表的な仕事としてまず、業務独占的な資格が必要な仕事が挙げられます。

例えば弁護士や公認会計士、税理士などがそれに当たりますが、かなり資格取得の難易度がかなり高く、相当の時間と労力、金銭を必要とされます。

大学受験で言えば、今から東大京大をゼロから目指すくらいに難しいので、それなりの覚悟が必要となります。

また、名称独占のみの資格は業務独占的な資格に比べると取得の難易度は下がりますが、ポータブルスキルとの合わせ技が必要になります。

ポータブルスキルというのは、会社が変わっても通用する職業能力のことですね。

例えば中小企業診断士やFP1級などは実務経験が伴わなければ、評価に繋がりませんし、一生食える資格でもありません。

上記の資格は基本的にサラリーマンのスキルアップのための資格ですので、中途半端な資格を取ることもあまりオススメできません。

戦略1を選ぶなら、圧倒的な参入障壁が期待できる弁護士・公認会計士・税理士などの資格を狙うのがおすすめです。

これらは資格スクールに数年間通えば合格することは現実的に可能です。

(弁護士や税理士は大学院に通うことで試験免除を受けるという選択肢もあります)

【戦略②】勉強が苦手な人向け:「一生食えるスキル」を身に着けられる仕事を選ぶ

勉強が苦手な人は、「一生食えるスキル」を身につけることが、一生食える仕事を選ぶ上で最短のルートです。

「一生食えるスキル」とはごく簡単にいえば「企業の売り上げに貢献できるスキル」をいいます。

典型的には営業スキルが該当しますが、売り上げに貢献するのは営業マンだけではありません(もちろん、営業スキルが高いことは非常に高い能力となりますが)

どのような企業であっても、売り上げをあげるためには「マーケティング(集客)」と「セールス(販売)」の2つが重要です。

セールスはわかりやすいと思いますが、マーケティングについてはよくわからないという方が多いでしょう。

マーケティングとは端的に言えば「集客(その商品を魅力的と感じる人を集めること)」をいいますが、重要なことは単純にたくさんの人と知り合うのではなく、「見込み客(その商品を買う気持ちがある人)」を集めることです。

見込み客を集めるためには、その人たちがどういう悩みを持っていて、どういう解決方法を求めているのか?について深く知る必要があります。

WEBマーケティング会社やアフィリエイター(こちらは一部の人だけですが)と言われる人たちが爆発的に収入を得られているのは、この「見込み客の集客」に成功しているからなのです。

このように、「売上を上げるスキル」に特化している人は、どこの会社でも雇ってもらえますし、独立しても一人でやっていけます。

「一生食える」業界を選ぶために重要なこと

ここまでは「職種」を選ぶ上で重要なポイントについて解説してきました。

(職種というのは、簡単に言えば営業とか経理とか、務める会社によらず「どういう種類の仕事をしているのか」のことです)

職種の選び方についておおまかに理解したら、今度は「業界」についても考えてみましょう。

業界とは、例えば鉄鋼業界とか、化粧品業界といった「あなたが所属する会社が何を売っている会社なのか」のことですね。

業界を考える上では、次のようなポイントを押さえてください。

業種を選ぶ時のポイント


  • ①個人相手の仕事より、企業相手の仕事を選ぶ
  • ②一般消費者向けの仕事より、富裕層向けの仕事を選ぶ
  • ③「モノ」を売る会社より「サービス」を売る会社を選ぶ
  • ④「単発販売」の会社より「継続販売」や「顧問契約」の会社を選ぶ

これらに該当する業界に入ることができれば、あなたは長期的に「稼げる人」になる可能性が高いです。

一方で、業界を超える転職は、基本的に20代、遅くとも30代前半までに完了しておく必要があることも理解しておいてください。

30代後半になると、「これまで経験してきた業界」から別の業界に移ることが非常に困難になります。

より魅力的な業界に移るための転職活動を始めるなら、年齢的なタイミングはできるだけ早い方が良いということは知っておきましょう。

以下、①〜④のそれぞれの意味について解説いたします。

①個人相手の仕事より、企業相手の仕事を選ぶ

「稼げる業界」を選ぶには、「お金を持っている相手」を顧客にしている業界を選択することが大切です。

一般消費者である個人よりも、企業を相手にする仕事の方が大きなお金が動くことになりますから、当然ながらあなたが得られる報酬も大きくなります。

また、一般個人に対してセールスを行うスキルと、企業に対してセールスを行うスキルとでは、後者の方が難易度が高い分、一生食えるスキルにつながる可能性が高くなります。

典型的なのが生命保険営業です。

生命保険には一般個人が加入する保険もありますが、企業の経営者などが加入する保険もあります。

後者ではもうかっている会社が節税対策などのために加入することもありますから、募集人となるためには特殊なスキルが必要となります。

同じ年数と労力をかけてスキルを身につけるのであれば、当然ながら後者(企業相手のスキル)を身につける方が合理的ということが言えます。

②一般消費者向けの仕事より、富裕層向けの仕事を選ぶ

上の①とやや重複しますが、これから入っていく業界を選ぶ上では、「お金を持っている人を顧客とする業界」を選ぶことが大切です。

例えば、同じ販売の仕事であっても「大衆向けのスーパーの店員」と「高級百貨店の販売員」では、後者の方が高いスキルが要求されます。

また、同じ証券会社の営業の仕事であっても「誰でも買える国債の募集をする仕事」よりも「富裕層向けの投資一任運用を扱う仕事」の方が高いスキルが身につくのは間違い無いでしょう。

仕事を選ぶときには、「この会社のお客さんは、たくさんのお金を持っている人たちかどうか?」の視点を基準にしてみると良いでしょう。

③「モノ」を売る会社より「サービス」を売る会社を選ぶ

商社(卸売業者)などは「モノ」を扱う会社ですが、こうした会社は基本的に「売上単価−仕入れ単価」の差額を利益として得ている会社と言えます。

一昔前ではこうした商品の流通には多額のコストや手間がかかりましたから、メーカーと小売業者の間に入って商売をする卸売業者は就職活動でも花形的な存在でした。

しかし、物流技術やWEB集客が発展した現在では、メーカーが直接的に販売を行うケースや、小売を行う子会社を自社内荷物ケースが激増していますから、「モノ」を中間業者として扱う業者の中には撤退を余儀なくされるケースが増えてきています。

また、一般的にいって「モノ」を売る仕事よりも、「サービス」を売る仕事の方が、仕入れ値がない分高い粗利の業種となります。

例えば、経営コンサルタントと言われる人たちの「飯の種」は、ずばり彼ら自身の脳みその中にあるノウハウや経験です。

これらには仕入れ値がありませんから、上がる売り上げのほとんどが粗利となり、結果的に非常に儲かる仕事となります。

モノよりもサービスを扱う業者に従事する人の年収が高くなるのは、自ら商品に付加価値を上乗せできる割合が高いのが理由なのです。

④「単発販売」の会社より「継続販売」や「顧問契約」の会社を選ぶ

企業を選ぶときには、「単発販売」の商品を売っている会社よりも、「継続販売」や「顧問契約」といった形で顧客と関わっている会社を選びましょう。

具体的には、コンサルタントや士業(税理士や弁護士など)は継続的なサービス提供を前提とする顧問契約を結んで顧客からお金を受け取ります。

継続販売は単発販売よりもハードルが低いですから、必然的に1人の社員があげる売り上げも大きくなります。

また、単発の関係よりも継続の関係から得られるヒューマンスキルや営業スキルの方が付加価値が高いのは間違いありません。

業種を選ぶときには、顧問契約の形で売り上げを上げている会社は有力な候補となることを理解しておきましょう。

一生食える仕事につくためには選択肢を多く持つことが重要

この記事を読んでいる人中には、現在すでに転職活動を始めている人もいれば、「今の職場にいろいろ不満はあるけれど、まだ転職は考えていない」という人もいらっしゃることでしょう。

あなたが現在どのような状況にいるとしても、キャリア構築を考える上で重要なことは「選択肢を多く持つこと」です。

キャリアについて考えるときには「選択肢を多く持つこと」が大切


  • 「今の職場がもしダメになったとしても、別のもっと稼げる仕事がある」
  • 「第一志望の会社に採用されなかったとしても、同じぐらい魅力的な第二志望の会社からは内定が出るはず」

キャリアを安定的かつ合理的に構築していくためには、こういう落ち着いた精神状態で仕事や転職活動に取り組むことがとても大切なのです。

多くの選択肢を得るためには、当然ながら多くの求人情報が自動的に入ってくる仕組みを構築することが大切です。

具体的には、無料で使える転職サイトにフリーメールアドレスなどを登録しておき、あなたの希望する条件を入力しておきましょう。

これをやっておくだけで、あなたの状況や希望条件にマッチした求人情報が、毎日自動的にあなたのメールアドレスに届くようになります。

転職サイトは完全無料:情報収集は効率的に行おう

転職サイトにお金を払っているのは採用活動を行う企業側ですから、あなたは完全無料で情報収集〜採用まで進めることができるのです。

メールアドレスに届く有料な求人情報の中から、気になるものがあれば応募も検討してみると良いでしょう(もちろん、単なる情報収集の用途に使うこともできます)

転職サイトは以下のようなところがおすすめですが、人によって使い勝手に好みがありますから、2〜3社に登録してみて、相性の良さそうなサイトを集中的に使うというやり方が良いでしょう。

サイトによって扱っている業種や得意な職種がありますから、実際に無料登録してみて、メールアドレスに届く求人情報が自分にマッチするところを活用するのがポイントです。

-未分類

Copyright© 職探しのQ&A , 2019 All Rights Reserved.