転職先が決まらない場合の対処法

職探しのQ&A

転職先 決まらない

(転職先が決まらない時の対処法は?この記事では、正しい転職活動のステップと考え方を具体的に解説いたします)

転職活動を始めたはいいけど、思うように転職先が決まらないそんなあなた。

当初イメージしていたより時間がかかっているのではないでしょうか?

履歴書の作成や面接に費やす時間ばかり増えてしまい、消耗する毎日。

その上、応募先から届くのは採用見送りの連絡ばかり・・・。

「自分は社会に必要ない人間なのか?」と考えてしまうことも無理はありません。

ですが、転職活動のやり方を見直すだけで内定は簡単に勝ち取ることができるんです!

この記事では、内定を勝ち取る為の効率の良い方法をお伝えします。

読み終えた後すぐに実践すれば、すぐ転職活動を終えられますよ!

転職先が決まらない人は要チェック!転職活動の失敗例と対策方法

転職活動の平均期間は3か月から6か月程度と言われています。

すでに退職した方は3か月程度で、在職中の方は6か月程度ですね。

「もっと長くやってるよ・・・」というあなたでも、落ち込む必要はありません!

ただ、転職活動のやり方を見直すタイミングに来ているだけなのです。

転職活動のやり方を見直すために、失敗例をいくつか見てみましょう。

失敗理由①:根本的にマッチしていない求人に応募してしまっている

内定をもらえない理由の一つに、自分に適していない企業に応募しているケースがあります。

全く経験の無い異業種にチャレンジする場合、20代までが実質的には限界と言われています。

また、企業が求めている人物像は年齢別にも違いがあります。

企業が求めている人物像は年齢別にも違いがあります


  • 20代前半の人への企業側のニーズ:仕事に対しての熱意、謙虚さ
  • 20代後半の人への企業側のニーズ:過去の業務での経験や実績
  • 30代前半の人への企業側のニーズ:チームの中でのリーダーシップ
  • 30代後半の人への企業側のニーズ:部下への指示、マネジメントの経験

面接官の求めるスキルは求職者の年齢に応じて異なります。

自分の年齢に当てはめてPRするのが効果的といえるでしょう。

この失敗理由への対策方法

転職支援のプロ、つまりエージェントに相談することが一番効率の良い方法です。

エージェントは、企業側が欲しい人材について熟知しています。

あなたという人間を客観的に判断し、あなたにマッチする求人をいくつか絞り込んでくれます。

ずるずると転職活動を長期化しない為にも、まずは相談から初めてみるのがオススメです!

失敗理由②:応募している企業の数が少ない

あなたは何社くらい応募していますか?

転職活動が上手く行かない理由には、応募数が少ないことが原因かもしれません。

転職活動を経験した人達の統計によれば、平均7.5社応募しているという結果があります。

中には、20社以上応募しているという方も。

それと比べると、自分の応募数が足りていないということに気付く方もいるのでは?

応募数が少ないことに対する対策方法

とはいえ、履歴書や職務経歴書をそんなにたくさん用意するのは時間も労力もかかりますよね。

同じ書類を使いまわすのも印象として良くありません。

ですが、エージェントを使えばその企業の特徴にあった内容に履歴書を添削し、送付まで行ってくれますので転職活動の負担が軽くなります。

加えて、「非公開求人」という求人にも応募ができます。

非公開求人とは転職サイトや企業のホームページに記載されていない求人のことです。

たくさんの求人が非公開とされているので、あなたに合った企業が見つかる可能性がさらに高まるでしょう。

失敗理由③:選考書類の書き方が間違えている

書類選考に落とされてしまい面接までたどりつくことができない、という方は履歴書や職務経歴書の書き方に問題があるケースがあります。

例えば自己PRの欄に、アピールしたいがためにたくさんのアピールポイントを書いてしまったり
していませんか?

採用担当者は履歴書の中から、情報を上手にまとめることができる人材かどうか、という点でも判断していますので、情報量が多いと逆に悪い印象を与えてしまう可能性があるのです。

この場合も、臆することなく転職のプロに知恵を借りると良いでしょう。

履歴書・職務経歴書の作成についての対策方法

転職エージェントには、応募書類の添削を無料で行ってくれるサービスがあります。

あなたは、自分が応募している業界について隅々まで熟知していますか?

業界研究も大切ですが、そこまで研究する時間が取れないのが実情だと思います。

エージェントは業界全体の特徴や性格なども把握している為、どのような書類が選考を通りやす
いか分かっています。

書類選考を通過する為のポイントをアドバイスしてもらい、書類を仕上げましょう。

失敗理由④:離職中に条件を高望みしすぎている

転職活動は、離職者は在職者に比べて不利となる傾向があります。

というのも、今の仕事と並行して転職活動を進めることができる人材の方が要領も良く優秀だと思われるからです。

もしあなたに理想とするキャリアプランがあるのなら、まずは就業してから次のステップとして
考えるのはいかがでしょうか。

その方が早く理想に近づけるということもありますよ。

高望みしすぎている方への対策方法

まずは内定が出る可能性が高い求人から応募してみるのも1つの手です。

内定を取りやすい企業がどこなのか、エージェントに聞いてみましょう。

今の希望より待遇面は低くなってしまうかもしれませんが、どこを妥協するかも重要です。

また、最初から正社員ではなく、最初の6か月までは派遣で働きその後社員になることのできる紹介予定派遣という働き方もあります。

失敗理由⑤:面接への対策が不十分・就活と同じような対策をしてしまっている

新卒時の就職活動の経験は、残念ながら役に立ちません。

なぜなら、企業はあなたの経験や実績にフォーカスを当てているからです。

そのため、面接の内容も全く異なってきます。中途採用の面接対策をしなければならないのです。

面接準備の対策方法

面接は事前準備が8割です。

面接を受ける企業の情報はどれくらい掴んでいますか?

第一希望と考えている応募先に関しては、例えば以下のような事柄は最低限準備をしておく必要があるでしょう。

面接前に最低限リサーチをしておく必要があることがら


  • 事業内容
  • 従業員数や支社・支店の数
  • 営業実績
  • 競合他社
  • 企業の社風

ホームページ上で得られる情報には限りがありますし、他の候補者も同様に知り得ている可能性があるので、役に立たない場合もあります。

エージェントは日々、企業の担当者と直接やり取りをしています。

その為、面接で聞かれることや、面接時に見ているポイントなど採用に直結するような情報も持っているのです。

答えが最初から分かっていれば、面接の難易度もグッと下がりますよ。

エージェントをうまく活用して面接に臨みましょう。

まとめ:転職活動は新卒の就活とは180度違う

この記事では、失敗例と対策方法を取り上げました。自分に当てはまると思った方も多いのではないでしょうか?

今や、転職活動を1人だけで行うこと自体がナンセンスな時代となっています。

新卒の就活は積極性を見る為に1人で行うものですが、中途採用はそうではありません。

効率良く転職をするには、エージェントを利用し自分に合った会社を探すこと。

自分1人だけで頑張る必要は無いのです。

そのうえ、無料のサービスなのでデメリットはありません。

転職活動が行き詰っていると感じている方は、まずはエージェントに相談しましょう。

内定を勝ち取るための唯一の近道です。

投稿日:

Copyright© 職探しのQ&A , 2019 All Rights Reserved.